BLOG

2019/05/27

東京青山でゆったり家族と贅沢ディナー!

東京青山でゆったり家族と贅沢ディナー!

 

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13123273/

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「久しぶりに家族が集まるから、どこか美味しいレストランを
 予約しないと☆」
「お父さんが和食が好きだから、東京で人気の和食店で季節の味覚を
 楽しみたいな☆」
そう思って、食べログやグルメ雑誌などで、季節の味覚が
楽しめる美味しい和食のお店を探されているのではないでしょうか?☆
ですが、せっかくの家族での贅沢ディナー・・・。
お店の内観は綺麗だったけど、一番楽しみにしていた
料理が出てきた、残念な味・・・。
そんな残念な事はなるべくなら、
避けたいのではないですよね?☆
キャッチコピー
南青山創作和食いと家では、京都の老舗料亭で培われた
懐石料理の基礎を大切にしながらも、フランス料理のエスプリを
巧みに取り入れた創作和食を提供しております。
たびたびテレビやグルメ雑誌に特集していただいており、
どの年代のゲストの方にも「美味しい☆」と好評を
いただいております。
取材の写真
ご家族での贅沢ディナーのシーンで人気の
【初夏の高級食材を贅沢に盛り込んだ至福の夏三昧コース】
美味しい 正方形 雅コースのお造り
至福の夏三昧コース【雅】の【贅を尽くした!豪華お造り5種盛り合わせ】は、
丸ごと1個、柔らかな食感の蒸し鮑は肝の濃厚ソースで
根室の生ウニは新海苔の炊いたんと絶妙な食べ合わせ
天草の本鮪の赤身とトロは、本山葵と土佐醤油で
マハタの昆布締めの芳醇な味わいは、あっさり煎り酒で
プックリ肥えた炙りホタテは爽やかなリンゴのジュレで
それぞれにいと家ならではの工夫を凝らして、
【贅を尽くした!豪華お造り5種盛り合わせ】
をお楽しみください☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メインのお料理の魚介の主菜と和牛の主菜が
楽しめる至福のWメイン!
和牛の主菜は、いと家こだわりの焼き方で仕上げる
【特選和牛フィレとサーロインの食べ比べ】
北海道産、赤牛の繊細な柔らかさのフィレの部位を使い、
シャトーブリアンのところ贅沢に使用☆
表面はこんがり香ばしく 中はロゼのジューシーな仕上がりに
あさ摘みのサラダ菜を添えて、いと家特製テリヤキバルサミコソースで
お召し上がりください・
サーロインのほうは黒毛和牛のサシの入った上質な部位を
ミディアムレアに焼き上げて、さっぱりと自家製ピリ辛
おろしポン酢で召し上がっていただきます。
真鯛のグリル
魚介のメインはアサリと魚介のスープをふんだんに使用した
クリームチーズと西京味噌で仕立てる濃厚なソースで、
召し上がっていただく夏の高級魚のスズキのグリル☆
氷感熟成させて、旨味を引き出したスズキを皮目に細かく包丁目を入れて、
厚手のフライパンで、皮をパリパリに香ばしく☆身はしっとり柔らかく
焼き上げます。
食感の違う初夏の野菜を香ばしく焼いたものと、
口当たりの良いジャガイモのピューレと供にお召し上がりください☆
食事は土用丑の日に食べたい【ウナギとゴボウの土鍋ご飯】
スタミナ満点のウナギと相性の良いゴボウと供に
ふっくらと炊き上げた艶々のご飯を召し上がっていただければと
思います。
初夏の高級食材をふんだんに盛り込んだ贅を尽くした至福のコース
夏三昧【雅】の豪華なコース内容の詳細は南青山創作和食いと家の
食べログのページをご覧になっていただければと思います。
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13123273/

IMG_7867

5月に例年、初夏の味覚を楽しみにたくさんのお客様から、
ご予約をいただいております。
20席程度の小さなレストランでございまして、予約が重なってしまうと、
すぐに満席になってしまいます。
ゆったりとご家族で過ごしたい時に、人気の
京都の舞妓が描かれた日本画が飾られている
プライベート空間の個室席は一部屋しか、
ございませんので、ご希望のお客様は
お早目にご予約くださいませ。
テーブル席のほうも数に限りがございますので、
日程や人数など決まりましたら、お早目に
お問い合わせいただければ幸いでございます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

初夏の味覚を家族みんなで楽しむ贅沢ディナー・・・。
「せっかく予約をしたのに、なんか美味しくなくて
 盛り下がってしまって、気まずい空気が流れてしまった・・・。」
そんな残念な思いをしてしまったら、
せっかくのご家族での会食も台無しです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

東京青山の人気の有名和食店を予約して
「アワビとウニが本当に美味しかったなぁ~☆」
「和牛の食べ比べいい感じだったね☆」
「久しぶりにゆっくりお話が出来たね☆」
「また季節が変わったら、ここで食事をしよう☆」
そんな素敵な思い出が残るようなディナータイムに
なるように、おもてなしのほうをさせていただきます。
それでは、このブログを読んでいただいたグルメな
素敵なお客様とお会い出来る日を楽しみにしております。
https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13123273/
ワイングラス写真

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
南青山 いと家
http://itoya-aoyama.com/
住所:東京都港区 南青山2丁目19-1
TEL:03-6447-1112
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
PAGE TOP

Copyright(C) 南青山 いと家 All Rights Reserved.